コスプレしてセックスできる相手が多い出会い系のランキング

コスプレ好きなセフレとセックスを楽しめる関係を作れる出会い系のランキングを本気で集めてきました。

 

※出会い系利用者の本当の体験談を管理人自ら募集して出会えているサイトを精査した上でランキングにしています【日々更新】

 

 

1位 PCMAX

総合評価:★★★★★


 

2位 ミントC!Jメール

総合評価:★★★★★


 

3位 イククル

総合評価:★★★★☆


 

4位 ワクワクメール

総合評価:★★★★☆


 

 

ロリ巨乳女性と出会い系で見つけセフレ関係となりました

ロリ系コスプレイヤー

私はAVでロリ巨乳物ばかりを見ていた所為で、ロリ巨乳の女性と関係を持ちたくなってしまいました。
妻はいるものの、ロリ巨乳とは真逆の容姿をしていますから、私は出会い系でロリ巨乳女性を探す事にしました。
ですが出会い系をいくら探しても、ロリ顔か巨乳女性はいるのですが、二つを合わせ持ったロリ巨乳女性を見つける事はできなかったのです。
なので別の出会い系を探してみたら、今度は直ぐに求めていたロリ巨乳女性を発見できたのです。
私は直ぐに彼女に連絡をして、会う事にしました。
彼女は背が小さく顔は中学生かのように幼く、それに反比例するかのような迫力ある巨乳を持っていました。
私はそのギャップに萌えを感じてしまい、早く裸を拝みたいと思ったのです。
それで私ははやる気持ちを抑えきれず、彼女をホテルへと誘いました。
最初彼女は渋りましたが、押しに押しまくって何とかOKしてもらったのです。
私はワクワクしながらホテルの部屋と入り、彼女の服を脱がせました。
裸になったらますますロリ巨乳が強調され、私はムラムラっと来てしまい、彼女をベッドへと押し倒してしまったのです。
そして彼女の幼い顔を眺めながら、迫力の巨乳を揉みました。
すると私のちんちんは徐々に大きさを増し、終に固くそそり立つまでになったのです。
私はそのちんちんを彼女の割れ目へと挿入して、ロリ顔と巨乳を眺めながら、彼女の腰を両手で押さえて思いっきり前後運動をしました。
彼女の割れ目の中は狭くて締まっており、私のちんちんをしっかりと包み込んでくれ、得も言われぬ快感を与えてくれたのです。
それで私は我慢できなくなり、彼女の中に性欲の全てを出し切ったのです。

エッチ後私は彼女に頼み込み、セフレになってもらいました。
AVでもロリ巨乳女性に興奮しましたが、本物のロリ巨乳女性とエッチをしてセフレに出来たのですから、私の興奮度は半端ない物となったのです。
私はロリ巨乳女性をセフレにした事を誰かに話したくなり、会社の同僚に話して見たら、物凄く羨ましがられ、優越感に浸る事が出来ました。
「東京都:30代:男性:会社員」

 

オタクな女の子と出会い系で会ってセフレにしました

ミニスカニーソ

妻の体と会話に飽きた私は、セフレを作りたいと思うようになりました。
なのでそれを叶えるために、出会い系を使いだしたのです。
出会い系にはたくさんの女性が居ましたが、なかなかこれと言った女性が見つかりませんでした。
しかし出会い系をしらみつぶしに見ていたところ、一人の女性に目が留まったのです。
彼女は眼鏡を掛けていて地味な感じだったのですが、何故か彼女に目が留まってしまい、声を掛けて見る事にしました。
出会った当初は無口な女性かと思ったのですが、偶然アニメの話になったら、急に饒舌になり始めました。
それで私は彼女が、いわゆるオタク女性だと言う事が分かったのです。
私はアニメの事は良く知りませんでしたが、彼女があまりにも楽しげに話すので、話に付き合ってあげました。
それが彼女には嬉しかったのか、私を自分の家へと招待してくれたのです。
彼女の家の部屋には漫画やアニメのDVDが所狭しと並べられており、彼女がオタク女性だと言う事をありありと示していたのです。
自分の部屋と言う事もあり、彼女はますますアニメに関して饒舌となり、お喋りが止まりませんでした。
私はそんな彼女の話を止めようと、いきなりキスをしてみたのです。
すると彼女は一度は驚いたような顔をしたのですが、直ぐに私のキスを受け入れてくれました。
それから私は彼女の胸に手をやり、揉み始めたのです。
彼女は抵抗する事なく胸を揉ませてくれ、軽く喘ぎ声まで上げ始めました。
そして手を下に伸ばし、太ももを撫でてから、割れ目に指をすべり込ませました。

すると彼女の喘ぎ声は急に大きくなり、興奮度が増したことが分かったのです。
私はこの時点で我慢できなくなり、彼女のメガネをはずし、服を脱がし、ベッドに寝かせました。
そして彼女の割れ目にそそり立ったちんちんを入れ、激しく動き始めたのです。
彼女は身もだえ喘ぎ声を続けて上げ、しばらくするとイッテしまったのです。
私も追いかけるように、彼女の中でイッテしまいました。
彼女はエッチの後急に私に甘えるようになり、セフレにして欲しいとお願いして来ました。
私には願ってもない事だったので、彼女をセフレにする事にしたのです。
オタクなセフレを持つと色々と大変ですが、今では幸せな日々を送っています。
「千葉県:30代:男性:会社員」

 

淫語を言わされる快感に初めて出会った

エッチが好きな女性

私はそれまで淫語等は口にした事がありませんでした。
恥ずかしくて誰の前でも言った事がなかったのに、私が出会ったアプリのセフレは言わせるのが大好きです。
初めは嫌がって小さい声で言っていたのですが、今では言う事自体に興奮してしまいます。

 

アプリでメッセージの段階から彼はエッチな会話で楽しんでました。
私は会うのを止めようかと思っていたのですが、セフレとは恐らくこんなものだろうと思ったのです。
実際に会ってみると、それほど淫語を多用する人ではなかったので、アプリの中の悪ふざけだと思っていたのです。
ところがホテルでセックスが始まると、淫語の連発に私は恥ずかしくなってしまいました。
彼は「お前のおま〇こを覗いてるよ」とか「ケツの穴が丸見えだな」とか言うのです。
恥ずかしくなってくるのと同時に、私のアドレナリンも上昇して指先だけでイッてしまったのです。

 

彼はその後も肉棒を私に中に沈めて、腰を振るたびに「雌犬ですと言ってみろ」と要求するのです。
私は快感から正常な判断が出来ないので「雌犬です」と何度も連呼させられたのです。
今では「おま〇こ」や「チ〇ポ」と平気で言わされるようになりました。
言えば言うほど私もアクメに達して、セックスが気持ち良くなってしまいます。

 

何人かのセフレ達は、アプリでもエッチな事は言いません。
しかし、私が出会った一人のセフレは淫語とコスプレが大好きです。
私もきっと、他のセフレに「おち〇ぽ頂戴!」と言うのだと思います。
それが今の私の気持ち良さに繋がっているのです。
【神奈川県 30代 女性 パート】

コスプレしてセックスできる相手が多い出会い系のランキング